成立のきっかけ
      弊社はこれまで一貫してB2B食品原料、栄養健康食品および美容ケア製品等の市場において力を注いでまいりましたが、競争力の差別化を図るため、2013年に「微酵館」観光工場を設置し、積極的にB2C市場への転換を図るとともに大衆的でリーズナブルな微生物発酵製品の研究開発に力を入れ、新製品と新ブランドを原動力とし、観光教育の意義を踏まえたバーチャルとリアリティを統合した体験販売モデルにより、消費者に直接普及をおこなってまいりました。


  『微酵館』は新世代の微生物発酵を応用したバイオテクノロジーによる生き生きとしたスタイルで、五つのテーマ館、五つのテーマウォール、五つのテーマスクリーンおよび多元的なビジネス運営モデルにより、対外的には幅広く宣伝をおこなうとともにメディアを通じてより双方向性を備えたヘルスケア理念を伝え、内部的には会社の知的経験と全員の共通認識を集め、販売計画全体の堅固な基礎を形作っています。またテーマ性、教育性、ブランド性によってブランド価値を伝えるとともに、体験販売、口コミ・マーケティングおよびブランド・マーケティングを基礎とし、製品ブランドのヘルシー・バリューを形作っています。