テーマ館のご紹介
(1) ベニクスノキタケ館
ベニクスノキタケは独特で珍しい薬用菌類で、あらゆる症状に効果があります。本館ではベニクスノキタケの木による特性、薬効、栽培方法や特性について紹介し、各種もみの木より培養したベニクスノキタケの生体などを展示しています。展示案内は要点を抑えており、展示物は多元的で珍しいものばかりです。

(2) 乳酸菌館
LEDライトで照らされた腸の中を進み、ファンタジーなプロバイオティクスの世界にご案内いたします。本館では乳酸菌の種類、人体に対する役割、発酵の応用、プロバイオティクスの紹介、顕微鏡によるプロバイオティクス生体の観察などをおこないます。展示案内は生き生きとしており、展示物は多元的で独特です。

(3) 微生物応用館
まるで家にいるかのようなレイアウトで、生活における微生物との出会いを身近に感じることができます。本館では微生物発酵の各食品、酒類、薬品、ケア製品への応用に関する展示をおこなうとともに、タッチパネルによってコンピュータが出題する問題に答え、正解すると賞品がもらえるなど、身近な話題に触れるとともに教育的な趣きも有しています。

(4)薬用菌類館、(5)食用キノコ館
この二つのテーマ館では、まるで爽やかな森林のフィトンチッドの世界に身を置き、野外のキノコ園区を駆け巡っているような感覚を味わうことができます。本館では顕微鏡下の菌の世界、多様な冬虫夏草の模型や標本、多孔菌科の標本、食用キノコの模型や標本、食用薬用のキノコ生体などを展示しており、説明は詳しく、展示物は多様で珍しいものばかりです。